ローコード開発サービス

お客様のデジタルプロセス化を実現

概要

ローコード(Low-Code)開発とは、ソースコードを極力書くことなく画面上の視覚的な操作で短期間でのシステム開発を実現する開発手法のことです。必要に応じてコード記述も可能で一定の拡張性も担保しており、小~中規模システム開発に向いています。

近年、業種を問わずDX化が進展し、どの業界においても急速に変化するビジネス要件に対して迅速かつ柔軟な対応が求められています。
DXについての詳細はこちらをご覧ください。

このサービスでは、ローコード/アジャイル開発で素早くお客様のDX業務改革を推進していけるようシステム面から支援します。

  • 業務プロセスの可視化からシステム化まで一貫して支援

  • お客様のニーズに合ったシステムを高速に開発

こんな方におすすめのサービスです

  • 業務の可視化からデジタル化までトータルで進めていきたい方
  • システム化やDX化の必要性は理解しているものの社内に開発スキルをもったエンジニアがいないためDX化に踏み込めない方
  • 開発コストを下げたい方
  • 個別最適化を繰り返した結果、システムが複雑・肥大化して全体把握が困難になった経験がある方
  • 開発の内製化をご検討の方

本サービスを利用するメリット

従来の開発手法

(前の工程に戻らない前提があることから、上流から下流へ流れる水に例えてウォーターホール型と呼ばれる)

弊社の開発手法

BPM×ローコード開発(アジャイル型)

(アジャイル型とは、仕様や設計の変更がある前提で進めることから「俊敏」という意味のアジャイルと呼ばれる

現状業務の全体像把握/要件定義

可視化コンサルタントがヒアリングを行いながら現状業務プロセスのドラフトを記述します。同時にプロセス実施の上で障害となる課題、検討すべき事項を洗い出し、課題として提示します。

実施ステップはこちらからご覧ください。

現状業務の課題を洗い出す

システム化、新プロセスの検討

既存業務フローを元に、どのような業務プロセスがあるべき姿であるか、システム化可能な範囲、優先順位はどうなるか、議論を進めていきます。新プロセスをフロー化することでシステム稼働後のイメージをプロジェクト関係者に簡単に共有できます。

システム化による解決策を提案

高速・柔軟な開発

ローコード開発ツールを使い、高速でシステム化を実現します。開発期間中、画面を見せながらお客様レビューを繰り返し行うことで、ご要望に柔軟に対応できます。開発ツールの画面上で定義等を参照可能なため、システムのブラックボックス化を防ぐことができます。弊社は株式会社NTTデータ イントラマートのDevelopment Partners(IDP)です。

ドラッグ&ドロップで感覚的かつスピーディーに操作可能

業務の可視化・改善・標準化・システム化等をご検討中の方は、
まずは気軽にご相談下さい。

相談する(無料)