///SP01 基本コース (2日間) 出張トレーニング
SP01 基本コース (2日間) 出張トレーニング 2018-03-22T20:09:10+00:00

iGrafx Process トレーニング

iGrafx Process 基本コース (2日間)
出張トレーニング

コースコード:SP01

iGrafx Process トレーニングの様子iGrafx Processを利用して、シミュレーションモデルを構築したい方を対象にしたコースです。基本的なプロセスフロー描画機能をはじめ、シミュレーションモデルの構築とレポーティング機能の基本機能を学習します。

■ 目標
  • プロセスフローの描画・印刷・保存など基本操作ができる
  • シミュレーションモデルの作成ステップがわかる
  • シミュレーション結果を的確に評価・分析できる
開催日時 日程・時間等はご相談のうえ決定します。実質6時間×2日です。⇒ 例:10:00~17:00
会場 お客様のご希望の場所※弊社トレーニングルームもご利用いただけます。
追加料金は発生しません。
定員 最大5名様まで※お客様のご用意できる環境により、対応いたします。
受講料教材費 240,000円+教材費等 ※詳細は弊社までお問い合わせください
対象となる方 Windows、Excelの基本操作(マウス操作・キーボードによる文字入力等)ができる方
ご用意頂く物 プロジェクター、スクリーン、iGrafx Process がインストールされている受講人数分のPC、筆記用具
使用する教材 iGrafx FlowCharter オペレーションガイドiGrafx Process 基本学習ガイド
カリキュラム
プロセスフローの基本操作の学習

【iGrafx FlowCharter の基本操作の学習】

  • プロセス図表の作成
  • 部門の設置
  • 図形の配置・整列
  • 接続線の描画
  • 文字の入力
  • フェーズの設置
  • 表示機能
  • 印刷と保存
プロセスフローのモデル化
  • 業務改善の目的確立~シミュレーション結果の分析までの5ステップ
  • 基本用語の解説(モデル・シナリオ・アクティビティ・リソース・トランザクション など)
  • プロセスフローに対するシナリオの設定(動作環境・データ件数・人員・費用・スケジュールなど)
  • アクティビティ(プロセスフロー内の各作業)に対する詳細設定
シミュレーションの実行と検証
  • シミュレーションの実行方法
  • シミュレーション結果レポートとカスタマイズ
  • シミュレーションの途中結果を記録するスナップショットの設定方法
  • シミュレーション結果の分析

トレーニングの申込みはこちら

申込一覧ページへ進む
受講までの流れ
トレーニング 受講者の声