背景

社内で部門ごとに縦割り化が発生しており、各部門長が会社全体よりも自分の担当を優先するマインドになってしまっている。
結果として作業の押し付け合いや責任の不在が発生してしまい、事業遂行の効率性が悪化するという状況が発生している。
これを解消し、会社本来の顧客への価値提供のために個々の従業員が業務に向かうという状況を作り出すために業務可視化を行った。

適用業務

サプライチェーン主要業務

選定理由

戦略、規則、業務プロセスを一元管理でき、フローチャートで図示できるツールを必要としていた。
iGrafxは簡単にフローチャートを作成でき、共有できること。また戦略や規則を簡単に登録、関連付けできること、設定内容を様々な形式でレポート出力できることが決め手となった。

利用状況

iGrafx Platfom
 Architecture 5lc
 Designer 50lc
 Collaborator 100lc
 Viewer 1000lc

実現方法

まず自社のビジョン及び中期経営計画からiGrafxで戦略マップを作成し、CSFとなるポイントを可視化した。
次にサプライチェーンのEnd to End業務プロセスを概要レベルで可視化し、細分化するようにプロセスフローを作成した。同時にヒアリングを通じて業務プロセスごとのアウトプット、業務プロセスに対する規制要求事項、業務プロセス責任者を可視化してフローチャートを作成した。
作成の後、戦略マップやフローチャートに記載した戦略・業務プロセス等の情報をiGrafxへマスタ登録し、業務プロセスを基準に関連付けた。これにより戦略から見た場合はCSFとなる業務プロセスとその内容が把握でき、業務プロセスから見た場合は当該業務のアウトプット、責任者、影響する戦略が把握できるようになった。

戦略マップや業務フローはiGrafxで作成すると自動でWebファイル化され公開されるので、一般従業員は自分の担当する業務が会社のどの戦略に貢献しているのかを理解することができ、モチベーションの向上につながった。
また、業務の関係性を把握できるため独善的な考えが少なくなり、改善提案が増加した。
業務管理者は業務プロセスが可視化されたため担当業務における責任が可視化されたため明確になった一方、議論の素材として活用できるため建設的な議論ができるようになった。
経営管理者は戦略遂行における状況把握が容易になったため、適切な課題対応が可能になった。

業務可視化・改善ツール BPR+

フローチャートの特長である「視覚的なわかりやすさ」と、業務の詳細情報(手順、システム、帳票、規定等)の可視化を両立します。
また、フローチャート及び各種一覧表の作成・修正における高い生産性は、円滑なプロジェクトの推進に大きく貢献します。
※RPA対象業務の選定と進捗状況の管理を支援するオプションあり

コラボレーションシステム iGrafx Platform

iGrafxでドキュメント化した企業プロセスナレッジをWEBブラウザやタブレットで社内公開することができます。
規程文書や通達等のドキュメントも含めて管理、公開、共有する環境を構築することで、継続的なビジネスプロセスマネジメントを支援します。

カタログ請求

製品やサービスに関する資料や導入事例、もっと詳しい資料などをご希望されるお客様は、こちらのフォームをご利用ください。

 申込フォームへ

見積請求

おおよその費用感を知っておきたい方や、ご利用されるライセンス数がある程度お分かりの方は、こちらのフォームをお気軽にご利用ください。

 申込フォームへ

相談・問い合わせ

iGrafxソリューションや各種ご支援に関することなど、何でもお気軽にご相談ください。インターネット環境があればオンライデモも可能です。

 申込フォームへ

オンラインデモ

お手元のWebブラウザを通じて、オンラインでiGrafxのデモンストレーションを行うことができます。お気軽にお申し込みください。

 申込フォームへ

評価版リクエスト

iGrafxソリューションの評価版には、自習ガイドも付属。初めての方でも気軽に操作を体験していただけます。

 申込フォームへ

トレーニング研修

プロジェクトを進めたい企業様向けに短期間でiGrafxの基本操作を習得できる特別カリキュラムをご用意しております。

 コース一覧へ

操作に関するお問い合わせ

保守にご加入中のお客様には、操作方法についてのヘルプデスクをご用意しております。

 申込フォームへ

保守に関する
お問い合わせ

保守サービスの加入状況の確認や、各種お手続方法についてのお問い合わせ窓口です。

 申込フォームへ

電話でのお問い合せはこちらから

東京:03-3523-1764 / 大阪:06-6304-3040