常に安定した経営をお望みの企業様へ

こんな経理関連の問題や
お悩みはありませんか?

主な対象:経理部門・経理業務のシェアード会社

経営に影響の大きい経理部門の業務実態を把握したい

経理業務のプロセスにチェック機能が不十分であると感じている

不正やミスなどの再発を防止する仕組みが不十分であると感じている

内部統制を考慮に入れた経理プロセスを構築したい

               

現状業務で発生するリスクの所在その対策内容が一目でわかります。

経理プロセスを棚卸し、課題把握から改善計画を立てて実施できる仕組みを作れます。

基本的な経理業務の一覧(テンプレート)フローチャートサンプル付きで、すぐ実施できます。

日本の銀行の約半数が内部統制の為に導入したツールをベースとし、リスク管理が容易になります。

経理の実態を100%把握する

「可視化・改善ソリューション」
3つの特徴

これまで数々の業務可視化を担当してきたコンサルタントが、御社の経理の実態が把握できるまでしっかりとサポートさせていただきます。

今まで業務可視化をしたことがないという方も、ツールの使い方やプロジェクトの進め方まで、困ったときにすぐ相談できるので安心です。

経営の潜在的リスクを二人三脚で事前に回避していくプランを練っていきます。

経理部門の基本的な業務一覧とフローチャートサンプル(一部業務)で、可視化に関する業務負荷を軽減できます。

これまで、内部統制や業務可視化の為に日本国内で4万ライセンスの販売実績がある、フローチャート作成ツールを使えば、Excelの10分の1の時間で可視化できます。

誰が見ても一目でわかるフローチャート等で、業務を棚卸&可視化することで実態を客観的に把握できます。

不正の温床となっている運用ルールや、ミスが多発する業務を特定することができます。

また、今後起こりうる不正やミスを事前に洗い出しておけば、その具体的な対策と影響範囲を正確に把握することができます。

特に経営に直結している箇所に対して、さらなる防止策や報告の仕組みを実態に合わせて検討することができます。

実用化までの簡単4ステップ

導入までの流れ

1お問い合わせ

2資料のご送付

3ヒアリング

4お見積

5ご契約
(ライセンス発行・サービス開始)

数多くの改善報告が届いています

導入されたお客様の声

一連の業務フローを作成したことにより、既存業務のセキュリティリスクを検知できた。

業務を可視化することで、本来書面の保管が必要なものがされていなかったことが明らかになり、業務改善のキッカケが掴めた

属人化・断片化している個々の業務について管理者が具体的に把握できるようになった。

担当者任せで全体像がわからなかった業務が整理された為、人員配置や作業量の平準化を検討できた

疑問を解消!

よくある質問について

Q.決算業務の早期化に活用することはできますか?

A.業務工程をフローで書き表すことで、判断基準が曖昧な業務や手戻りが多い業務を明確にし、漏れなく実施することができます。 また、使用する帳票やサーバーに保存しているファイルへのリンクをフロー上に設定しておくことで、現状業務を効率的に進めることができます。

Q.システムの導入や改修をする場合にも活用できますか?

A.現状業務を把握しておくことで、現場担当者が必要としているシステム選定条件や要件定義、適用業務の判断をする際に活用することができます。 また、現状とシステム導入後のフローを比較することで、その導入効果や変更点を明確に説明することができます。

Q.働き方改革や残業抑制の為に活用できますか?

A.簡易業務分析によって、どの業務にどれだけ負荷がかかっているのかを把握することができます。 特定の担当者に業務が集中していたり、人員が適正に配置されているかどうかを定量的に説明することができる為、実態に沿った改善プランを検討することができます。

Q.経理部門以外の業務にも活用できますか?

A.まずは経理部門でパイロット的に導入し、他部門や全社展開を行っていただくこともできます。 また、可視化した内容を全社へ共有・公開することで、他部署間の業務理解や関係する業務の改善活動を進めることもできます。

Q.経理業務を外部BPO業者へ依頼する際にも活用できますか?

A.コスト削減などの理由から、経理業務をBPO化される場合にも活用できます。 外部ベンダーへ依頼する業務範囲や内容を明確にすることで、効率的に移管作業を行うことが可能です。

まずはお気軽にお問い合わせください

資料請求・お問い合わせフォーム


例:104-0033(ハイフンも入れてください)
都道府県

個人情報の取り扱いについての同意

お申し込みの前に当社「個人情報のお取扱いについて」をお読みいただき、記載されている内容に関してご同意いただく必要があります。ご同意いただける場合は「ご入力内容を確定する」のボタンを押してお進みください。